撥水コートも親水コートもそれぞれ一長一短があります。

TPOに合わせた選択をするための

ご参考にしてください。


 【親水コートの特長】

 ●汚れにくく、汚れが目立ちにくい→不純物が分散される→乾燥に連れて水分の酸性度が高くなる     
  が水の表面積が広いために空気との接触面も広いので乾燥が早く、撥水のように狭い面への集中で
  はなく広い部分に拡散されるので、水との接触面のダメージも撥水よりも軽い
  (撥水のイメージイラスト参照)

 ●汚れがそのまま流れるので撥水より塗膜に固着しにくい

 ●自己洗浄性(水の流れで汚れを除去)があるために汚れが目立ちにくい。


上のイラストはイメージですが、付着している汚れ以外は、水が引くとともに一緒に汚れも流れていきま す。

もし汚れが付いたとしても撥水被膜と比べて水洗いもしくはシャンプー洗車で比較的簡単に洗い流せます。

また、超親水では水滴ではなく水が上図の①のように一面になじんだ状態で乾燥するので、全くと言っていいほど水染みは付きません。

黒などの濃色車は、このような乾燥の仕方がいいのです。

 ●撥水の水滴と比べて親水の水滴は大きいために水滴の空気の当たる面積も大きいので乾燥が早い
  (水が広がるために空気と触れ合う面積が広くなるため早く乾く)

 ●水が馴染み易い為に水滴ができにくい

などの効果が、超親水、水滴の接触角が小さくなればなるほど向上するわけです。

また、撥水と親水の一番の違い、親水のメリットは、

 ●撥水も親水も水が跳ねれば水滴になりやすい。が、水になじめば水が跳ねても水滴が馴染むため
  状痕になりにくい


ということではないでしょうか。

【撥水コートの特長】

 ●固い被膜を形成する→耐傷性

 ●汚れが付きやすいが取りやすい→頑固な汚れは、撥水のほうが取りやすい

 ●汚れが凝集するため、良く目立つ

 ●光沢や艶が良い

 ●油脂系では油汚れを引き付けやすい→WAXも同様、油もWAX(パラフィン)も酸化劣化しやすい

 ●無機と有機の良さを兼ね備えたシリコーンが良い(できれば油脂やWAX分を含まないシリコーンは主  成分のもの)

 ●たっぷりの水を横から流せばほとんど水滴が残らないように流せる

次に撥水コートの2大デメリットについてイメージイラストで説明させていただきます。



上の図の①の黄色い円内の固着していない、水中内で浮くような汚れなどのほとんどが水の中心に集まろうとする「凝集性」により水滴内に囲い込まれてしまいます。

また、撥水作用により表面積をできるだけ小さくしようとする表面張力が大きい為小さな面積に多くの不純物やミネラル分が蓄積することとなります。

このことが下のトラブルとなってくるのです。

 ●水滴ができやすい→雨染みになりやすい

 ●水分の乾燥により酸性度が非常に高くなり乾燥時間が長い為一点に汚れが集中するためにその接
  触部分のダメージが大きく、不純物が固着しやすい

この様に撥水コートと親水コートは一長一短があるのですが、どちらもメンテナンス、特に雨が降った後は直ちに水洗いもしくはシャンプー洗車をすれば雨染みなどは付きにくく被膜性能も維持できるのですが、メリット、デメリットを照らし合わせて見ると、撥水よりも親水のほうがメリットは多いようです。

特に濃色車には撥水コートよりも親水コートをお勧めしたほうが良いと思います。
 Riverail Glass Coating Systemについてはこちらから
TOPページへ