Riverail製品についてのご質問にお答えします。

1.初期導入に必要な物について

2.超撥水コーティングリキッドの小売用について

3.メンテナンスシャンプーの撥水効果について

4.グレージングポリッシュクリアーの上に シラン系のコーティング剤は施工可能でしょうか?

5.BF protectについて

6.撥水メンテナンスシャンプーについて

7.撥水メンテナンスシャンプーについてのその後

8.簡易コーティングの剥離について

9.「Silica coat AL30 300ml(超親水ガラスコート:機械塗用)」について

10.Riverail製品ってPL保険に入っていないようなのですが大丈夫ですか?

11.海外発送について

12.「スクラッチシールド研磨独習セット」購入について

13.Glass Coating Systemについて

14. 「RV-G Polish FF 500ml(混合研磨剤)」について

15.脱脂について(RV-G polish MC-L)

16.S remover(エスリムーバー)について質問です。

17. 「TAKUMI OPS PRO Glazing Polish clear 200ml」について

18.抑熱研磨セットについて

19.ブラックマーカーパールメタリツクの輪状痕について

1.初期導入に必要な物について(2013.10)

●今般、自前の店舗を持つことになり、そこでコーティング施工もやろうと思っております。

どうせやるなら他人とは違う方法が良いと思い、色々と調べておりましたところ、御社の「抑熱研磨」システムに行き

着きました。

研磨剤は3Mを使っておけば問題ないだろう、ぐらいに考えておりましたので、これまでの常識を覆す「抑熱研磨」シ

ステムに驚きを隠せません。

是非とも弊社でも導入させて頂きたいと思い、連絡をさせて頂きました。当社は元々自動車整備会社であり、メーカー

系列の物流センターにてディーラーオプション取付等を行っております。

コーティング施工経験者も複数名おります..

つきましては、初期導入として必要なものを下記のとおりピックアップしてみましたので、誠にお手数ではございます

が過不足が無いかどうか、ご確認・ご助言を頂けますと幸甚に存じます。

・ガラス系ポリマーコートとコーティングリキッド4Lのセット
 http://riverail.com/?pid=45386161

・TAKUMI OPS PRO F/M/G cut 各300g+バフセット
 http://riverail.com/?pid=36872145

また、差支えなければ「抑熱研磨」という言葉を当社でも販促時に使用させて頂きたく、ご見解をお伺い申し上げま

す。

以上、ご足労をおかけ致しますが、ご返信のほどお待ち申し上げております。

株式会社DS

○ 株式会社DS様

中略

この度は、弊社研磨システムにご共感いただきまして誠にありがとうございます。

導入セットの件につきまして、

まず、研磨セットについてですが、外車をお取り扱いがなければこのセットで十分です。

もし外車、特にベンツやアウディなどを扱われている場合はこのセットにハードクリヤーを追加されるとよいでしょ

う。

つぎにコーティングですが、選択されていますセットでも結構です。

もし、ガラスコートも扱われるのでしたら、グレージングポリッシュクリヤーとシリコーンコートのセットをお勧めい

たします。

「抑熱研磨」の使用についてですが、弊社HPで写真や文言など必要であればお使いいただいて結構です。

また、販売をご希望でしたら、オリジナルブランドで販売していただいても結構です。

その他ご質問がございましたら、何なりとお問い合わせください。

よろしくお願い申し上げます。


●おはようございます。お世話になっております。

早速のご返信、誠に有難うございます。

研磨剤のほうは、ハードクリアは必要になった時点で注文させて頂こうと思います(たくさんあり過ぎても、従業員が

誤って使用してしまう可能性が出てくるため)。

コーティング剤については、↓こちらを購入すればガラスコーティングまでできるということでしょうか。

Quick SILICONE COATセット
http://riverail.com/?pid=44292052

抑熱研磨の言葉の使用許可、有難うございます。

サービスインの際は積極的に利用させて頂きます。

なお、現時点では販売までは想定していませんのでオリジナル商品としての販売は考えておりません。

上記確認が取れましたら、早速注文させて頂きたいと思います。

今後とも宜しくお願い申し上げます。


○株式会社DS様

お世話になります。

ガラスコートまでを扱われるのでしたら

ガラス系ポリマーコートとコーティングリキッド4LのセットにQuick SILICONE COATセットを加えると

RV-G protect high gradeがダブりますので、ガラス系ポリマーコートとコー ティングリキッド4Lのセットに

カテゴリーの「TAKUMI OPS PRO」よりGlazing Polish Clearと用のウールバフW-125、およびS-12520

(TAKUMI OPS PRO F/M/G cut 各300g+バフセットのバフを併用することもできます)と、カテゴリー「コ

ート剤:ボディー用コート剤」よりSILICONE COAT(塗り込み用バフ付き)セットをご購入されるとよいと思い

ます。

以上、よろしくお願いいたします。

▲ページのトップへ
2.超撥水コーティングリキッドの小売用について(2014.03) 
●いつもお世話になっております。広島県福山市のGZです。

商品の迅速な配送、また商品の良さに大変助けられております。

>この度、メンテナンス用品として普段使っております「超撥水コーティングリキッド」をお客様に販売し

てみようかと考えております。

既存のお客様のリピート及び新規開拓にも繋がると思い考えておりますが、販売するにあたり、お聞き

したい事がございます。

こちらの小売用は1本のみの販売時と同様に御社のステッカーが容器に貼られてると思いますが、皆

さんはこのままで販売されているのでしょうか?

自社でのオリジナルとしてステッカーを張り替えたりされてるところもあるのでしょうか?また、そのよ

うな販売は認められていないのでしょうか?

リピート率を上げるなら当店のみの取り扱い、みたいにアピールした方がいいようなきもして…

お忙しくされてるところ誠に申し訳ございませんがご指導ご鞭撻の程お願い申し上げます。

では今後共、宜しくお願い申し上げます。


○GZ様

お世話になります。

コーティングリキッドのオリジナル販売の件ですが、

御社のオリジナルとしてラベルを作って販売していただいても結構です。

弊社のお客様も、弊社のラベルで販売される方もいらっしゃいますが、独自のオリジナルラベルを作っ

て販売されている方も多くいらっしゃいます。

その際、弊社のHPのデモの写真などもご利用いただいて結構です。

以上、よろしくお願いいたします。

また、何かございましたら、ご遠慮なくご相談ください。

▲ページのトップへ
3.メンテナンスシャンプーの撥水効果について(2014.05)
●メンテナンスシャンプー18Lを使わせていただいておりますがあまりに撥水効果が悪いので…

シャンプー効果の無い過去の製品(コーティングリキッド)はとても撥水効果が高くお客様にも喜んでいただけており

ましたが、シャンプー効果のプラスされた商品になりまして洗車の際の泡立ちは良くなりましたが 、撥水効果は無き

に等しいです。

シャンプー効果もいまいちでどっち付かずの製品に思えます。

これが使い方の問題であれば正しい使い方を知りたいのでお問い合わせさせて頂きました。

また使いやすく撥水効果の高かった過去のシャンプー効果の無い製品はもう無いのでしょうか?

KW


○KW様

お世話になります。

メンテナンスシャンプーの撥水力についてですが、

シャンプー効果を上げているためにコーティングリキッドと比べて撥水力は弱くなっています。が、シャンプー洗車と

同様に洗剤分をしっかりと流 してやれば、ジワ~っと水が引いていく感じの撥水力としています。

以前に販売していました、超撥水コーティングシャンプーは、その名の通りシャンプー分も含まれていましたが、シャ

ンプー分を多く配合すると撥 水力が大幅に低下するために洗剤分は非常に少量でした。

その為に撥水性は優れていましたが、洗浄性が低いために水洗いで落とせる汚れくらいしか洗浄できなかったために本

品1本で洗浄とコーティング をしようとすると、回を重ねるごとに汚れもコーティング被膜で包んでしまうために白い車など

は徐々に黄ばんでくるケースが発生し、また、少量 の洗剤により変色や変質も多く発生したために、現在、洗剤分(洗浄

性)を全く持たせずに撥水力と持続性を向上させた「コーティングリキッド」 に替えています。

コーティングリキッドは、使用される前に、汚れを完全に除去する必要があります。

しかしながら、まだまだ「1度で洗浄とコーティングが出来るものが良い」とおっしゃるお客様もいらっしゃますので

「メンテナンスシャンプー」 も販売させていただいています。

「メンテナンスシャンプー」は、コーティングリキッドを使われていたお客様では確かに撥水力には物足りないとお感

じになられると思います。

が、コーティングリキッドをお使いになられなかった方がメンテナンスシャンプーをお使いになられるとご満足をいた

だいております。

弊社のスタンスとしましては、メンテナンスシャンプーはその名の通り、ポリマーコートやガラスコートのメンテナン

スを末端ユーザーの皆様が手軽に出来る商品として位置付けております。

KW様のご希望の商品としては「コーティングリキッド」がよろしいかと存じます。

以上、よろしくお願い申し上げます。

お問い合わせありがとうございました。

また、何かご相談やご感想などがございましたら、何なりとお申し付けください。

今後とも、よろしくお願い申し上げます。


●お忙しい中 回答ありがとうございました。

商品構成もよくわかりましたので現在の在庫をしっかりと使い切って 次回は当方の目的にあった コーティングリキ

ッドの使用を考えたいと思います。

福山市千田町 Sモータース KW

▲ページのトップへ
4.グレージングポリッシュクリアーの上に シラン系のコーティング剤は
  施工可能でしょうか?(2014.07)
●グレージングポリッシュクリアーの上に シラン系のコーティング剤は施工可能でしょうか?


○YG様

お世話になります。

ご質問の件、シラン系のコート剤が施工可能かと言うご質問ですが、成分がどのようなものかはわかりませんが、コー

ト剤がグレージングの被膜に乗るかどうかを確認する必要があると思います。

ちなみに、弊社のSILICONE COATはアルコキシシランを成分としていますが、これは施工可能です。

以上、よろしくお願い申し上げます。
▲ページのトップへ
5.BF protectについて(2014.09)
●お世話になっておりますAdのYです。

BF protect HGをBF protectのトップコートとして使用してもBF protect単体よりも艶が上がるだけで、防汚性や持続

力は変化しないという解釈でよろしいでしょうか?


Y様
お世話になります。
 
早速ですが、ご質問にお答えさせていただきます。
 
まず、防汚性と持続性ですが、
 
BF protect HGとBF protect SCではやはり、BF protect SCが優れています。
 
フッ素樹脂は撥油性のためフッ素樹脂単体では汚れが付きにくい性質を持っていますが、デュポン社のテフロン加工のようにフッ素は高温で

焼き付けをしないとコーティングが出来ず、
 
BF protectシリーズはシリコーンを配合することによってコーティングを可能としているために、私見ではありま

すが、防汚性と持続性は配合しているシリコーン樹脂の性質(効果)にゆだねられることになると思います。
 
また、BF protect HGはBF protectのトップコート用に開発された保護コート剤で、さらに光沢を上げる事が出来ます。が、コーティング剤

の位置づけではありません。
 
傷を埋める効果に関しましては、BF protect、BF protect SCともに被膜を重ねることによってヘアースクラッチのような非常に浅い傷を埋

める事は可能です。
 
尚、BF protectは研磨剤を配合しており研磨をしながらコーティングをするとイメージと考えていただければ良いと思います。
 
本品は、手塗やダブルアクション、シングルポリッシャーでの塗布が可能ですが、BF protect SCは、シングルポリッシャーでの塗布で、トップ

コートとしてBF protect HGは使用できませんし、研磨剤も配合されていません。
 
以上、よろしくお願い申し上げます。
 
追伸、
 
既にHPにアップ済みですが、ペーパー掛けとTAKUMI抑熱研磨システムをコラボさせて研磨作業のさらなる労力の削減と時間短縮を可能

にした「Riveraiスピードカット工法」を、「Riverail Member's Club」でご紹介させていただいていますのでご参考にしてください。
 
スクラッチシールドなどの磨きも不安なく研磨が出来ます。


●分かりました。

それとBF protectとBF protect SCの撥水は超撥水のような水玉が立っている(接斜角が高い)撥水でしょうか?

それともベタっとした水玉?でしょうか?


○Y様
 
お世話になります。
 
ハイグレードはBF protect HGとなっていますが、成分的にはシリコーンオイルとシリコーンレジンが主成分でフッ素は含まれておりません。
 
よって、通常のシリコーンポリマーと同様とお考えいただいて結構かと思います。
 
ただ、HGはBF protectの光沢の向上と被膜の保護が主目的ですのでHGを塗布すればフッ素の効果は返って低下する事が考えられま

す。が、持続性はBFとHGの2層となりますのでBFだけの場合と比べると長持ちすることになります。
 
以上、よろしくお願いいたします。
 
▲ページのトップへ
6.撥水メンテナンスシャンプーについて(2014.10)
●いつもお世話になっております。広島県福山市のGZです。

早速ですが、撥水メンテナンスシャンプーについてご質問です。

こちらの商品の使用方法ですが、スポンジに適量取って泡立ててからボディを洗浄し、洗浄成分をしっかり水で洗い流

せば撥水するとある様ですが、先日か何度かコーティング車両の洗車に使ってみましたが水分がベタっと撥水しない部

分が出来ます。

しっかり水を当てても、いつまでたっても撥水しません。

泡立てがが足りず、溶剤が直接ボディに付いたためかと思い、バケツで泡立てて、その泡でボディを洗浄してもやはり

同じでした。

貴店のHPやブログでこの商品の記事を読んで使用方法を確認し施行してみたつもりなのですが・・・

この場合、そのまま水分を拭き取り乾燥させれば撥水コートが出来上がり撥水するのでしょうか?

コーティングリキッドも薄めて使えばシミにはなりにくいのですが、撥水効果は落ちるしちょっとお客様が使うには手

間がかかる様で・・・

それならシャンプー効果もありシミになりにくそうなこの商品ならと思ったのですが。

何かイイ方法があればアドバイス頂けたらと思います。

お時間がある時で結構ですので、メールでご返答頂けましたら幸いです。

今後とも宜しくお願い申し上げます。


○GZ様

毎度お引き立てを賜りありがとうございます。

お問い合わせの件ですが、

まず、メンテナンスシャンプーは、コーティングのメンテナンスが主な目的です。

よって、コーティングリキッドのように撥水被膜を形成する事を主には考えておりません。

コーティング被膜に保護膜を作ってやる程度です。

また、洗浄性を主としているために、コーティングリキッドのような撥水のイメージで比較されますと非常に物足りな

いと思います。

しかしながら、垂直な窓ガラスなどでお試しいただければご理解いただけると存じます。


まず、スポンジにメンテナンスシャンプーを付けて泡だてながら洗浄し、シャワーでしっかりとすすいでみてくださ

い。

界面活性剤が流れるに従って、徐々にではありますが水が引けて行きます。

通常の水引は水の際がべた~っとなりますが、メンテナンスシャンプーを流した場合の水の際は、若干盛り上がってい

るのが確認できると思います。

このように軽度の汚れを落としながらコーティングの保護の為の被膜が同時に形成されます。

乾燥後に水をかけると撥水するのが良くわかると思います。

また、コーティングリキッドですが、

これには全く洗浄剤は配合されていません。

が、これにより撥水性の向上と持続性を高め、ポリマーコートの位置づけとしていますので、水をかけた途端にパッと

弾くように出来ています。

コーティングリキッドでのシミは乾いたマイクロファイバークロスで拭取れば除去が可能です。

以上、よろしくお願い申し上げます。

▲ページのトップへ
7.撥水メンテナンスシャンプーについてのその後(2014.11)
● いつもお世話になっております。GZです。

先日はご返答ありがとうございました。

どちらの商品も、私の施工に問題があったようです。大変失礼いたしました。

撥水シャンプーは書かれていた通り、水で洗い流した後、十分に乾燥をすればしっかりと撥水してくれました。

撥水の具合もとてもいいです。

コーティングリキッドですが、こちらのシミの問題も、ボディに塗る際、今まではさっとつ塗る程度でしたが、これを

縦横にしっかりと塗り込んでいくようにしましたらシミも出来なくなりました。出来たとしても以前に比べたら薄くほ

んのごく僅かです。

これで両商品の不安もなくなり益々気に入りました!!

また何かありましたらご質問等させて頂きますので、今後とも宜しくお願い申し上げます。


▲ページのトップへ
8.簡易コーティングの剥離について(2014.11)
●こんにちは お世話になります 。

自分は磨き初心者ですのでご教授お願い致します。

このたび御社のバフとコンパウンドを購入し始めての機械磨きにチャレンジしようと思いますが 、車がセレナのスクラ

ッチシールドで心配しております 。

また、洗車のみの下地 処理があまいままでシュアラスターのゼロウォーターをつかってしまい皮膜の下にデポジットが

あるようで取れない状況です 。

御社のMcutで皮膜の除去から磨きまで仕上げたいのですが可能でしょうか。


○YK様

お問い合わせありがとうございます。

お問い合わせの件ですが、ゼロウォーターでしたらF removerと硬めのスポンジで被膜の除去は可能と考えられます。

被膜除去後にM cutとウールバフW-125で磨けば軽度のイオンデポジットは除去できると思います。

クリアーがスクラッチシールドとの事ですが、TAKUMI 推奨のリョービRSE-1250でマニュアルに従って磨いていただ

ければ大丈夫だと思います。

イオンデポジットがひどい場合は、会員のページ(ご購入いただいた方専用のページ)にペーパー掛けの方法「抑熱ス

ピードカット工法」も詳細を掲載していますのでご参考にしていただければと存じます。

同じ雨ジミでも、酸性雨によるクレーター(塗装が酸性雨におかされて溶けて表面が凹んでいる状態)では、塗装のし

直しが必要となりますが、軽度でしたら磨きでごまかす事は可能でしょう。

現在、カテゴリーの「お試し特価商品」で「抑熱研磨独習(M)セット」を特価にてご提供中です。

もし、ご検討いただけるものでしたら、ご利用ください。

以上、よろしくお願い申し上げます。

▲ページのトップへ
9.「Silica Coat AL30 300ml(超親水性ガラスコート:機械塗用)」について(2016.01)
●いつもお世話になります。岡山のYAです。

前に手塗り用のシリカコートは購入はしています。

シリカコートAL30機械塗り用は手塗り用と比べて親水性の差がハッキリ分かる(HP画像のような)程でしょう

か?

差が分かる様でしたら下地材と一緒に購入を検討しています。

○YA様

いつもお引き立てをいただき誠にありがとうございます。

お問い合わせの件ですが、

Silica Coat AL30は、当初の暴露試験時ではアルコールの配合率が50%であったため写真のように多少の違いがありま

したが、

その後、様々な施工法を検証したところ50%の濃度では短時間で乾く(蒸発)ために手塗はもとより機械塗もムラが出

るなどの支障がありましたので

作業性を考慮してアルコールを含まないSilica Coat(現在のSilica Coat AF)を先行販売いたしました。

後発のSilica Coat AL30は、仕上がりに支障の出ない、且つ親水性能を最大限発揮できる限界点がアルコール配合率

30%がベストだった為、AL30を機械塗用として販売した次第です。

AFと比べるとアルコールを配合したほうが密着性や親水性は良いのですが、どちらも基本的には塗装のような有機被膜

への塗布と比べガラスのような無機被膜のほうが降雨量程度でも水がバタ~っと馴染み、

また、密着性も良いので持続性が向上し、被膜特性も最大限発揮できるため、

まずは塗装を無機質に改質してからAFなりAL30を塗布するのがベストと考え、この工法が生み出された次第です。

この工程を行うことで親水性や持続性能をさらに向上させることが出来、また被膜硬度約3~4HのSilica Coatに対し

てベースに鉛筆硬度約9HのPrimary Coatを塗布することで耐 傷性を向上させることを可能にしました。

よって、この工法によりAFとAL30は、ただ単純に手塗り用と機械塗用と言う施工法が違うだけで被膜性能はさ

ほど差がなくなりました。

あえて差があるとしたら、使用する液量が機械塗のほうが少ないと言う事でしょうか。

以上、よろしくお願い申し上げます。

▲ページのトップへ
10.Riverail製品ってPL保険に入っていないようですが大丈夫ですか?(2016.02) 
○弊社の規模やブランディングの低さからすると、当然不安を抱かれると思います。

過去にメーカーより仕入れて販売をしていたのですが、メーカーを信じていたにもかかわらず何度かトラブルが送った

ことがありました。

その際は「PL保険」にも入っていたのですが、トラブルもある時期に製造された商品に限ってのためにPL保険を使うと

その時期に製造された商品以外のものも引き取ることとなりますので、トラブルのあった商品に限り「交換」と言う形で

対処させていただきました。

その他では、お客様より「お客を暴露試験に使うのか」とおしかりを受け、返金させていただいたこともあります。

この当時は、メーカーを信じて「弊社で実際に試験をせずに販売したことが原因」と肝に銘じ、以後、自分が納得した

商品を扱っています。

しかしながら、ケミカル製品のトラブルの大半は使用方法の間違いで起こるケースが多いのです。

一番初歩的なトラブルとは、「炎天下での洗車」のようなトラブルです。

よって、弊社にて開発した商品や、それ以外の商品では弊社で試験をして納得した商品を扱っています。

また、先ほどの事例のようなクレームでないクレームなどを回避するためにも、使用の際の注意事項やこうすれば起こ

るであろうトラブルを回避するためのアドバイスなどに力を入れています。

コンパウンドに関しては過去の700~800社に及ぶデモによる新規開拓の経験や現場の意見をもとに弊社独自に開発し

たコンパウンドの為他の大手メーカーさんよりも自信を持っています。

また、ネームバリューの低さをカバーするために、他のメーカーではあまりやられていない技術的なフォローや販売促

進のサポートなどもさせていただいています。

おかげさまで、あれ以来トラブルや苦情はございません。
             (あっても言われないからかもしれませんが・・・。この部分は定かではありません。)

弊社の製品は他社の商品と比べて見劣りがすると思いますが、弊社では「商品が解ればよい」と言う考えで、あまりパ

ッケージにはこだわりを持っていません。

容器も液体に対応した容器にしています。

▲ページのトップへ
11.海外発送について(2016.02) 
●今日は、

台湾から御社のホームページ見ましたが、台湾で代理店、或いは海外発送できますか。

台湾でカービューティをやってますが、御社のシングルポリッシャー専用水溶性研磨剤を買いたいですけど...

よろしくお願いします。

○M D様

お問い合わせいただき誠にありがとうございます。

お問い合わせの件ですが、

海外への発送はやっておりません。

以前、韓国からもお取引のご要望があったのですが、日本国内への発送で対応させていただきました。

誠に申し訳ございません。

▲ページのトップへ
12.「スクラッチシールド研磨独習セット」購入について(2016.02) 
●某サイトで個人の方がリベライルさんの商品でスクラッチシールドを研磨されているのですが、個人でも購入は可能

ですか?

又、研磨素人でもスクラッチシールドを研磨出来るのでしょうか?

以前、他の商品で手磨きでもスクラッチシールドを研磨出来ると言う超微粒子コンパウンドで手磨きで浅い傷を研磨し

たのですが、細かい傷が余計ついて、研磨は難しいと思っています。

よろしくお願いします。

○Y様

お問い合わせありがとうございます。

お問い合わせの件ですが、個人でもご購入は可能です。

スクラッチシールドも塗装の性質がご理解できれば磨きはさほどご心配はいりません。


実際に磨きのご経験のない方々が成功した事例も多くございます。

まず、添付の「抑熱研磨」のマニュアルをご覧いただいたうえで「スクラッチシールドの研磨」をご覧いただき、

マニュアル通りに磨いていただくときれいに仕上げることが出来ます。

以上、よろしくお願い申し上げます。

▲ページのトップへ
13.Glass Coating Systemについて(2016.03) 
●いつもお世話になっております。

Glass Coating Syastem各種類1台あたりのコスト(使用量)おしえてください。メールにてお願い致します。

よろしくお願いします。

○M様

お世話になります。

お問い合わせの件ですが、

RGCSの各液使用量の目安をご報告させていただきます。

対象車を「小型車」1台分として、

Primary Coat 約30ml×1

親水促進剤 約50ml~100ml

がベースコートの目安となります。

ベースコート施工後

SILICONE COATは約10mlで液剤のトータルコスト約¥5,500~¥5,800/台

Silica Coatは約50mlで液剤のトータルコスト約¥5,500~¥5,800/台

F Coatは約50mlで液剤のトータルコスト約¥5,000~¥5,500/台

が目安となります。

これはあくまでも目安で、ボディの形状などで差異は出ると思います。

コストは上記使用量を目安に按分して算出していただければと思います。

出来ればこの算出した材料費に工賃(整備工場では¥6000~¥10000/時間)を載せたものを原価とされるとよろしい

かと思います。

ちなみに、弊社が設定している小型車の施工費の目安は新車で¥70,000、登録後3か月以上経過した車で

¥75,000(共に税抜き)としています。

以上、よろしくお願い申し上げます。
 
▲ページのトップへ
14. 「RV-G Polish FF 500ml(混合研磨剤)」について(2016.07) 
●詳しく使い方、等おしえてください。もし使うのであれば、注文した物と一緒にできるだけ急いでお願いしたいと思

っていますのでよろしくお願いします。

○M様

お世話になります。

FFの件ですが、FFは塗装よりも柔らかい3.0µmの粒子と塗装よりも固い0.5µmの粒子をブレンドした水溶性混合コン

パウンドで
以前ダブルアクションで磨ける新しい研磨法として販売いたしました「One Polish Syatem」の商品です。(OPS専

用ウールバフも同様です)

研磨法は、現状のTAKUMIシリーズと同じです。

#3000のペーパー傷が落とせるコンパウンドで、今回ご注文のOPS専用ウールバフで磨いていました。

それに対して「TAKUMI OPS PRO」は、One Polish Systemのコンパウンド、およびバフの弱点を改良した商品で、

コンパウンドについてはOPSよりもコンパウンドの切れを良くし、種類をOPSの2種類から5種類にしてどのような塗

装にも対応できるようにしました。

また、バフにつきましては、OPS 専用ウールバフは、新しい時は非常に精度の高い仕上げが出来るのですが、毛が細い

為にすぐに摩耗して精度が得られなくなるために、

TAKUMIでは、これらを改良してW-125を専用に作りました。

スポンジバフも、OPSではテーパーがついていたのですが、この場合使用するにつれマジックパットの境目部分から破

れてくるために、テーパーを取って厚みを増しました。

ちなみにTAKUMI M cutは、#2000のペーパー傷が消せます。

TAKUMIではOPSのFF対応はS cutです。

よって、FFは、OPS専用ウールバフで非常に軽度なヘアースクラッチを消せます。

また、FFにW-125を組合すとOPS専用ウールバフよりも切れが出ます。

以上、よろしくお願い申し上げます。
 
▲ページのトップへ
15.脱脂について(2016.08)
●PV-G  MC-Lコンパウンドを注文したんですが、磨き終わったら脱脂作業無しで、ガラスコーティングしても良い

でしょうか?

○NT様

お世話になります。

この度はご購入いただき誠にありがとうございます。

さて、ご質問の件ですが、

研磨後の脱脂は不要ですが、研磨カスの排出性が良い為、軽く水で流すか、もしくは柔らかいクロスで軽く研磨カスを

払ってください。

 
 ▲ページのトップへ
16.S remover(エスリムーバー)についてご質問です。(2016.08) 
●愛知県でカーコーティング専門店を営んでおりますOBと申します。

作業ミスによりアクアミカコーティングの剥離作業が必要となりました。

エスリムーバーでアクアミカの剥離は可能ですか?施工後半年以内の車両です。

○OB様

お問い合わせありがとうございます。

ご質問についてご回答させていただきますと、

ポリシラザン(弊社商品名:プライマリーコート)の剥離につきまして、

エスリムーバーは、塗布してしばらくでしたら剥離が可能です。

それ以外ですと、S removerをしっかりと塗布してしばらく放置して、クロスあるいはスポンジに再度S remoberを付

けてこすり取る方法もありますが、完全に除去できるかは定かではありません。

(撥水コートでしたら被膜がなくなれば表面が弾かなくなるので確認が可能ですが、ポリシラザンはもともと親水のた

めに変化を確認することが困難です。)

しかしながら、塗布して被膜を少し軟らかくして(反応させ)から研磨して除去することはできると思います。

(この場合も完全に除去できたかの確認は困難です)

が、アクアミカの被膜自体が親水のため、親水なり、撥水なりのコーティングには支障は考えられません。

よって、見栄えさえよければ被膜を完全に剥離出来なくても、そのまま再施工するか、もし状態が悪ければ磨いてから

改めて塗布しなおすほうが容易かと思います。

以上、よろしくお願い申し上げます。

お世話になります。

ご回答ありがとうございます。

撥水成分が残留した上にアクアミカを塗布してしまったので、中途半端な撥水状態です。

自分の車でもテストしておりますが、2000番で研いで磨いても、翌日には撥水になってしまいます。

おそらくアクアミカと共に撥水成分がクリアーに染み込んでいるのではないかと思っております。

剥離剤で9割程アクアミカ除去後残りを磨きで除去という感じが理想かと思います。

その他剥離剤を検討中です。機会がありましたら宜しくお願い致します。

 ▲ページのトップへ
17. 「TAKUMI OPS PRO Glazing Polish clear 200ml」について(2016.08) 
TAKUMI OPS PRO Glazing Polishで磨いた後に、ポリシラザン系のコーティングは施工可能でしょうか?

○NT様

お世話になります。

お問い合わせの件ですが、

可能です。

 
▲ページのトップへ
18.抑熱研磨セットについて(2016.12) 
●はじめまして。

福井で車内クりーニングやコーティングをやっています。

弊社の方でもルぺスを取り入れるようになり色々と試してきましたが、スクラッチシールドや外車の堅い塗装の対応に

苦労しています。

そこで一から勉強し直してみようと思い、色々しらべたら貴社のサイトに行き着きました。

うちはダイハツさんの車の磨きも多いですが、ブログ等を参考にさせて頂きコツを少し掴め、綺麗に早く磨けるように

なりました。

有り難うございます。

それでもまだスクラッチシールドや外車の塗装に対しては未熟です。

貴社の商品でコンパウンドやバフの組み合わせ、コツを掴むマニュアルがあるそうなので購入させて頂きたいのです

が、どの組み合わせを買った方が良いのか迷っています。

教えて頂けると有難いです。

今考えているのはスクラッチシールド研磨独習セット+セットにないコンパウンド(外車などに対応する)を購入した

方が良いのかと思ってます。

アドバイスの方宜しくお願い致します。

○SP様

お問い合わせありがとうございます。

早速ですが、

お勧めは「スクラッチシールド研磨独習セット」をお勧めいたします。

このセットの、F cut及びM cutのコンパウンドをお付けしていますが、この2種類のコンパウンドでほぼ対応できま

す。

特に、F cutは水系塗料などの硬い塗装にも対応していますが、

もう少し早く傷を消したい場合は、このセットにはありませんがHard Clearをお使いになるといいと思いますが、仕上

げの工程が1工程増えることとなります。

ご採用いただく際は、添付の「抑熱研磨」のマニュアルで研磨方法をご理解の上、スクラッチシールドのマニュアルを

ご一読いただければと思います。

●お世話になります。SPです。

ご回答有り難う御座いました。

スクラッチシールド研磨独習セット+Hard Clearを購入した方が良いとゆうことですね。

参考にさせて頂きます。

スピードカット工法についてですが、

このスピードカット工法はペーパーをあてて傷を早く薄くするものだと思いますが、弊社では塗装の仕組みを完全に理

解できているわけではないので、ペーパーでの傷消しを躊躇ってきました。

(先日傷だらけのアウディが入ってきたのですが、バフとコンパウンドだけだと傷を抜くのに苦労しました・・・)

そこで教えて頂きたいのですけど、スクラッチシールド研磨独習セット+Hard Clearを購入した場合、また別にスピー

ドカット工法を購入しなければならないのでしょうか?

○SP様

ご質問の件ですが、

スピードカット工法は、まず傷をペーパーで大まか除去してコンパウンドで仕上げるという工法です。

よって「スクラッチシールド研磨独習セット~」で十分対応できます。

但し、ペーパーをかけて磨く工法は、膜厚も考えると、どちらかというと研磨実績のない塗装を主に対象としていま

す。

この工法では、「膜厚計」を用意されたほうが良いと思います。

また、ペーパーも弊社お勧めのペーパーがございます。

これに関しましては、スピードカット工法のマニュアルにご紹介させていただいています。

まずは、抑熱研磨をご理解いただいてからのほうが良いと思います。

以上、よろしくお願い申し上げます。

●リベライル様

お世話になります。

丁寧な回答有り難うございます。

それでは先ず【スクラッチシールド研磨独習セット】を購入させて頂こうと思います。


お奨めの膜厚計などありますか?

お手数をお掛けしますが宜しくお願い致します。

○ありがとうございます。

膜厚計は、弊社HPの「ダブルアクション用水性研磨剤TAKUMI OPS PRO」をクリックしていただくと表れたページ

の下の方に「Riverail Shop」のバナーがございますので、こちらをご参考にしてください。

宜しくお願いいたします。
 
▲ページのトップへ
19.ブラックマーカーパールメタリツクの輪状痕について(2017.01) 
●益田市のSさんより、紹介して頂いたHと申します。レガシィツーリングワゴンBP-5 ブラックマーカーパールメタリ

ツクに乗って居ますが、乾くと車全体に白く鱗 状態にシミが出ます。

Sさんから、「コーティングか何かでクリアー層に入り込んでる」と言われました。貴社の製品で、元道理に出来ます

でしょうか?

お手数を、お掛けしますか宜しくお願い致します。

○H様

早速ですが、先日のお問い合わせにつきましてお答えさせていただきます。

お電話でお伺いした感じでは、コーティング被膜上に輪状痕が軽度ですが固着しているのではないかと思います。

洗車機でのコーティングとの事ですので、コーティング被膜の剥離は容易だと考えられます。

弊社商品でしたら、輪状痕除去用の「S remover」(除去剤のカテゴリー)、強アルカリの「RV-F Lotion」もしくは



研磨剤を配合した「F remover」(ともに「ボディクリーナー」のカテゴリーにございます。)で除去できると思います。

この方法で除去できなければ、コンパウンドで磨くしかないでしょう。

もし、磨きに不慣れでしたら、弊社推奨の「抑熱研磨法」をお勧めいたします。

コーティング被膜除去後は、車の塗装色を考え、先日お電話でご紹介いたしました親水コート「Silica Coat」をお勧め

いたします。

更に被膜硬度をお求めでしたら、Silica Coatの下地にまず「Praimary Coat」を塗布する「Glass Coating System」

が良いと思います。

被膜硬度と光沢、撥水をお求めでしたら、「SILICONE COAT」をお勧めいたします。

「親水」、「撥水」コートともにメンテナンスは必要です。

特に降雨後は、なるべく早く洗車をされることです。(水滴の乾燥にも注意してください)

出来れば洗車機での洗車は控えるようにしてください。

なぜならば、前の車がコーティング洗車をした場合は、ブラシにコーティング剤が残っている場合があり、それがボデ

ィに付着することで汚れが付きやすくなる場合があるからです。

特にWAX洗車後が多いようです。

やむ終えず洗車機での洗車をせざるを得ない場合は、「シャンプー洗車」をお勧めします。

全く付かないわけではありませんが、シャンプーをかけることで少しはブラシも洗浄されると考えられるからです。

▲ページのトップへ