「ビギナーのための車磨きの独習マニュアル」の目次とその内容

P1 はじめに

P2 塗装の種類

   ソリッド、メタリック、パールなどの塗装の構造について説明します。

P3 クリヤー塗装について

   現在の塗装は全てと言っていいほどベース色の上に上塗りとして「クリヤー」を塗布しています。
   「磨き」とは、このクリヤー層を磨く事です。よって、クリヤーの種類や性質を理解する必要があるのです。

P4 研磨熱による支障、磨きとは、コンパウンドについて

   研磨熱が引き起こすトラブルや磨きの目的、各種のコンパウンドのメリット、デメリットについて。

P5 コンパウンドの選択、バフの選択

   傷に対するコンパウンドとバフの選択法について

P6 ポリッシャーについて

   シングル、ギア、サンダポリッシャーなどの特長と、各クリヤー塗装による「TAKUMI OPS PRO」のコンパウンドとバフの
   組み合わせ

P7 磨きのメカニズム

   磨きはポリッシャー、押し付ける力、コンパウンド、バフ等の組み合わせ方で磨きの作業効率は変わってきます。
   これらのメカニズムを知る事で、効率のよい技術の向上が図れるのです。

P8、9 傷の除去について

   「傷の除去」とはどういうことかを説明しています。

P10 効率の良い磨き方

   効率よく作業をするためのバフの動かし方やコンパウンドの付け方を説明しています。

P11 傷を消すのはどの程度まで

   どこまで磨けば良いかの目安を説明しています。

P12,13 磨く前はまず洗車、洗車時の注意

   効率の良い磨きは、出来る限り汚れや劣化したWAXやコーティング被膜を除去する必要があります。
   洗車も効率の良いやり方があるのです。

P14〜18 磨きの手順

   ポリッシャーの持ち方やコンパウンドのつけ方など、実際に磨くためのノウハウや注意点を説明しています。

P19 洗車傷(拭き傷)と磨き傷(バフ傷)の違い